WordPressって何?ネットビジネスでブログを始める理由とWordPressの初期設定の方法を解説

      2017/11/03

ブログと言えば、芸能人も利用している「アメブロ」が有名ですが、ネットビジネスでブログを開設する場合、『WordPress(ワードプレス)』というオリジナルブログのシステムを利用します。

今回は、WordPressを使ったオリジナルブログの作成方法を、初期設定を中心にご紹介したいと思います。

ブログを始める目的

ネットビジネスでブログを始める目的は、「集客」と「販売」、そして「ブランディング」のためです。

ブログといえば、日記のような使い方をイメージしている人もいるでしょうが、使い方は様々で、ホームページとして活用することもできます。

ホームページを一から作っていくとなると、素人ではハードルが高く、外注するにしても結構なお金が必要ですよね。

また、運営していくにも編集やら何やらで、知識やスキル、もしくはその都度外注費がかかります。

そういったことが、ブログでは難しい知識やスキルを必要とせずに、簡単な操作で自分でできてしまうので、たくさんの人が利用しているということです。

そして、ホームページと同じようなものですから、当然そこで商品を販売することもできますし、SNSで宣伝したり、人に役立つような情報を記事として書いていくことで、検索から人を集めることもできます。

さらに、発信していく情報やブログ全体のイメージで、ブランディングができてしまうということです。

WordPressを使う理由

WordPressというのは、そういったブログサービスの一つで、数あるブログサービスの中からこのWordPressを利用する一番の理由は、アメブロや他の無料ブログサービスでは、商用の利用が禁止されているからです。

そして、その規約を無視して商用に利用していると、運営者側のパトロールで見つかった場合、突然ブログを消される可能性もあります。

100記事書いていようが、10年間ずっと書いていようが、予告もなく消される時は一瞬です。

それは、消されてからでは後の祭りで、そのように規約に書いてある以上、文句が言えないのです。

そうなってしまうと、それまでの時間が無意味になってしまうので、あなたがネットでお金を稼ぎたいと思っているなら、断然、WordPressを利用すべきということです。

こんな風に、無料ブログでは『資産』になりにくいため、お勧めしません。

もし、あえてアメブロを使う場合は、WordPressを使ったオリジナルブログへの誘導用としての活用をお勧めします。

WordPressを始めるために必要なものは?

WordPressブログを設置するためには、レンタルサーバーとドメインが必要です。

サーバーというのは、ブログを「家」に例えると、WEB上の「土地」です。
土地が無ければブログという建物は建てられません。

ドメインというのは、WEB上の「住所」にあたります。
住所が無ければ、誰もあなたのブログを見つけることができません。

・家=ブログ
・土地=レンタルサーバー
・住所=ドメイン
(URLが全体の住所で、ドメインはその一部です)

というわけで、WordPressブログを始める場合は、必ずサーバーとドメインが誰でも必要になります。

サーバーとドメインですが、通常は契約するために料金を支払わなければいけません。

これは、ホームページを持つ場合でも一緒ですし、突然消される心配もなく、今後ネットでお金を稼ぐための「ツール」であり「資産」にもなっていきますので、有料なのは当然なことと思って割り切りましょう。

料金の目安ですが、だいたい以下の通りです。

・ドメイン:年間約1,000円
(月契約ができるところはほとんどなく、通常年契約になります)

・サーバー:年間約10,000円【月間約1000円】
(ピンキリで、月100円で契約できるところもあれば、月に3,000円かかるといった所もあります)

レンタルサーバー

コンテンツビジネスでは、多くの人に見てもらうことが目的となるので、集客に強いレンタルサーバーを選ぶことが最重要になります。

高い安定性や高速化機能を備えており、転送量の目安にも十分に余裕がある高性能レンタルサーバーがおすすめです。

個人サイトや小規模のアフィリエイトサイトには、格安レンタルサーバーが最適ですが、中には不具合や障害が多くて、まともに利用できないサーバーもあります。

同じ料金でも性能や安定性が全然違ってくるので、

エックスサーバー」や
ロリポップ!

などの、実績があって、信頼できるレンタルサーバーを選ぶことが重要になります。

中でも評判が良く、コンテンツビジネスはもちろん、ブログやアフィリエイトをしていく場合に特におすすめなのが、エックスサーバーです。

実際に私も利用していますが、月額900円から利用できて、はじめてのサーバー利用でも安心のサポート充実&集客に強く、コスパ的にも大変優れています。

ドメイン

サーバーを契約する際に、一緒にやっておくと良いのが、「独自ドメイン」の取得です。

独自ドメインとは、「http://www.○○○.com」このような、URLのことで、○○○を自分の好きな名前にすることができます。

独自ドメイン取得によって、以下のメリットが得られます。

・ずっと同じURL(ドメイン)が使える
・専用のメールアドレスを使える
・検索エンジン最適化(SEO)で有利

どこにも無い、あなたのビジネスに合った名前に設定しておけば、ブランディングにもなります。

よく考えて名前を決めてください。

ドメインの契約は、レンタルサーバーと同じところで行なった方が、手続きがスムーズです。

◆独自ドメイン取得サービス

・エックスサーバーの場合
エックスドメイン

・ロリポップの場合
ムームードメイン

WordPressブログをインストールしよう

ドメインを取得して、サーバーが契約できたら、いよいよWordPressブログのシステムをインストールしていきます。

◆エックスサーバーを利用したWordPressの自動インストール
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_install_auto_word.php

WordPressのインストールが終わったら、必ず管理画面へのログイン画面をお気に入り(ブックマーク)に追加しておいてください。

『●●●●.com/wp-admin /』

というURLがログイン画面になっています。

これで、WordPressブログがインストールできました。

WordPressテーマ(テンプレート)をインストールしよう

WordPressにおいて「テーマ」と呼ぶものは、簡単に言うとブログの外観のテンプレートです。

テーマは世界中で有料・無料関わらず、あちこちで配布されています。

「ワードプレス テーマ」で検索すれば、たくさんのサイトが出てきますので、その中からあなたの好みのデザインを選んでインストールしてみましょう。

たくさんありすぎて、どれにすれば良いか分からない場合は、「Stinger(無料)」が有名ですので、参考にしてみてください。

◆Stinger公式サイト
http://wp-fun.com/

プラグインのインストール&設定をしよう

WordPressブログを始めてまず頭を悩ますのが、この『プラグイン』というものです。

プラグインとは簡単に言えば、拡張機能です。
プラグインを入れると便利な機能も使えるし、いろんな面で強いブログになるのです。

「武器」や「装備」をどんどん増やしていけば、戦いが有利になりますよね。
プラグインはまさに「武器」や「装備」にあたるものです。

プラグインを入れていないWordPressは、戦場に丸裸で向かう兵士と同じようなものですので、ぜひ活用しましょう。

プラグインは、管理画面の左メニューの[プラグイン]⇒[新規追加]からインストールすることができます。

画面右上にある検索窓に、これから紹介するプラグインの名前を入力して探すことができますので、以下のお勧めプラグインを見つけてインストールしてください。

1.Akismet

スパムコメントからサイトを守ってくれるプラグインです。
※AkismetのAPIキーを取得するときには、料金がかからないように設定してください。
そうしないと、年間の使用料を請求されることになります。

2.All in One SEO pack

SEO対策(検索エンジン最適化)に必要な設定ができるプラグインです。
これを設定しておけば必ず上位表示されるというわけではありませんが、All in One SEO packを設定するか設定しないか、でSEO対策には間違いなく差が出ます。

具体的には、以下の3つの設定ができます。
・SEOのメタ要素の設定
・ソーシャルメディアの拡散効果を上げるOGPの設定
・クローラーの巡回を促すXML Sitemapの設定

3.Jetpack by WordPress.com

Jetpackというプラグインは、WordPress.comが提供している公式のプラグインです。
これがあれば、様々な機能を利用できます。

4.Related Posts by Sovrn

Related Posts by Sovrnは、記事の下に「関連記事」を出すためのプラグインです。
関連記事があるかないかで、一人あたりのページビュー数がかなり変わります。

※2017年3月ごろから「Related Posts」と検索しても同じような名前のプラグインが沢山出てきます。
今回の解説と同じプラグインは「Related Posts by Sovrn」と検索していただければ出てくると思います。

5.TinyMCE Advanced

このプラグインは、ブログを書く時に「文字の色を変える」「文字の大きさを変える」といった、タグを1ボタンで設定することができるので、スムーズにブログ記事を書くことができます。

6.WordPress Ping Optimizer

このプラグインを使うと、記事を書くたびに自動でping送信をすることができます。
Ping送信とは、ブログの最新情報を色んなサイトに送るサーバーに、あなたのブログが更新されたという情報を送ることです。

7.WordPress Popular Posts

このプラグインを使えば、「人気記事」の特集コーナーを設置することができます。
これもブログ内の回遊率を上げるために重要なプラグインです。

8.Contact Form 7

Contact Form7を使えば、「お問合せフォーム」が設置できます。
お問合せフォームは、あなたのブログから実際に顧客獲得や商品 サービスの購入につながる重要なものです。

9.PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemapというプラグインを使えば、あなたのブログの「地図」ができます。
これをサイトマップと呼び、サイトマップがあれば読者さんがあなたのブログの記事を探しやすくなりますし、その結果Googleからの評価も上がることになります。

以上で、初期のプラグインの設定は終わりました。
お疲れ様でした。

一体何をやっているか分からなかったかもしれませんが、まずはとりあえず真似して実施してもらえば問題ありません。

何故そのプラグインが必要かということは、ゆくゆく分かるようになります。

まとめ

これで、最低限ですが、WordPressブログが立ち上がって、初期設定もできました。

続いては、ブログ運営の目的をしっかりと定めて、記事を書いていきましょう。

 

 - 集客