ネットビジネスのマインドセット「全ては自己責任」

      2017/09/28

自己責任とは、読んで字のごとく「目の前に起こることは全て自分のせいだ」というものです。

しかし、そうは言っても「それはあなたのせいだよ」と言われるのは不快に感じてしまいますよね。
それよりも「あなたは悪くないよ」「あなたのせいじゃない」と言われたいものです。

ですが、残念なことに目の前に起こるすべての出来事は、全部自分がまき起こしている結果なんです。

例えば、毎日迷惑メールが届いてしまう場合は、無料レポートスタンドで何かしらのレポートを読んだ際に、協賛登録先がスパマー(スパムメールを配信する組織)だったとか。

ネット上に特定商取引の表記で、メールアドレスを公開しているとか。

もしくは何かしらの商品を買ったが、その購入サイトの規約の中に「お客様のメールアドレスを共有する場合があります」とか書いてあったかもしれない。

そんな規約は滅多に見ないし、盲点ですが・・

このように、

自分が何かをやった ⇒ 何かが起こった。

原因と結果。
つまり原因をつくったのは、自分自身ということになります。

 

で、なんで自己責任なのか?
それは、いつの時代も人のせいにする人があまりにも多いからです。

その中で、自分のせいだと受け入れて動き続ける人が世の中を変えていきます。
ビジネスでいうと、目の前に引き起こる現象を自己責任だと認識している人ほど稼いでいます。

今の世の中の人の大半は、とくに人のせいにする傾向にありますが、その原因はなんだろうか?

探っていくと、マスメディアの影響が大きいのではないかと思います。

例えば、テレビをつければ、政治家の文句。
あの政治家がどうのこうのとか言ってますよね。

街頭インタビューで、街歩く人に政治家について意見を聞くと、「不況なのは政治家のせいだ」「次の総理に期待しよう」とか、他人まかせ。

まあ、普通の人は洗脳されきっています。
気づかないまま人生を終える人が大半でしょう。

 

ですが、普通の人でしたらそれで良いのかもしれませんが、この記事を見ているあなたは、ネットビジネスで利益を上げたいと思っているビジネスマン。

つまり、稼ぐ額は大なり小なりあるけれども、社長として経営をやっていくということになります。

会社をつくっていようがいまいが、人に商品を売って対価をもらうというのは、経営を自分でやっているということなんです。

自分で経営をやる人が人のせいにしていたら、話になりません。

そもそも人のせいにしている限り、自分の成長がそこで止まってしまいます。
政治家も少しは不況になっている原因ではあると思いますが、あなたの経済はあなたの経営次第。

あなたの経済というのは、自分のご飯や寝床、家族を養うこと。
生きていくために最低限必要なお金のことを自分の経済といいます。

そのためにも、出来るだけ早く、目の前に引き起こることは自分のせいだということを受け入れてください。

そうすれば、自分の成長に比例して収入が上がるので、良いことだらけです。

 

自分のせいだと決めた瞬間に、学びが始まります。

改善するにはどうすれば良いのだろうか?
もっとこうしたら、ああしたら。

そういう思考に脳が切り替わって、あなたはどんどん成長していけるようになります。

人のせいが無い世界。
理想はここなのですが、人のせいにしない人だらけの世界になれば、おそらく世界は天国になります。

何か悪いことが起きても、皆が皆、俺のせいだ、私のせいだ。
車の事故があったとしても、極端な話、車にはねられた人は、周りをよく見ていなかったから・・たまたまそこを歩いていたから・・なので、自分が悪いんです。

車を運転していた人は、もちろん自分が悪いです。
スグに病院に行きましょう。

あまりにも極端な話ですが、皆が皆、自分のせいだというようになれば、天国になります。

 

この世には2つしかありません。

先ほどの車の事故の話の続きですが、もしあなたが、自分のせいだと感じることができるようになったら、次にこういった考え方も足すことで不幸も幸せに変えることができます。

例えば、あなたが車で人をはねて、怪我をさせてしまいました。
車はフロントがボコっとへこんで修理費に50万円かかってしまった。

相手方の怪我の治療代も100万円かかった。
そんな時に自分のせいにできる人は、「俺は生きていた! 相手も生きていた! 車もまだ乗れるぞ!」と考えるのです。

自分の体は五体満足なので、これから修理代や治療代を稼げば良いだけです。
普通の人である場合は、おそらく落ち込んでしまうでしょう。

A.落ちこんでしまい、親や知人からお金を借りて、結局返せない。
B.落ちこまないで、その時は親や知人からお金を借りるが、ネットビジネスで大逆転して借りた額の倍以上を返した。

AとBは微差です。
おそらく1cmくらいの違いしかないのですが、わずか1cmの微差であっても、長期的に考えると、その1cmが地獄にも天国にもなるのです。

例えていうと、高層ビルが良い例です。
もし1階につき1cmでもずれていれば、10階では10cm、50階では50cm、100階建ての高層ビルの場合はなんと1mも差がでてしまいます。

ですので、もしかしたらちょっとした地震で倒壊してしまうかもしれません。
私たちもこのビルと同じように、ちょっとした考え方で数年後に大きな変化がでてきます。

それは稼ぐ額として目に見えて現れてきますので、プラスになる考え方で突き進んでくださいね。

 

また、私が個人的に感じているのは、「人のせいは無い」ということです。

儲からないのも自分のせい。
人が寄ってこないのも自分のせい。

つまり、あなた以外のみんなも、自分のせいなのです。
だから、あなたに責任はあるのだけど、責任はありません。

ですので、おもいっきり努力したり、お客様のことを考えて一生懸命にやっていくことが大切なのです。

よく相談されるのは、「自分で作った商材でクレームが来るのが怖い」「返金ばかりになったらどうしよう」等ありますが、それは、「クレームをいわれるような何かがあった」「返金したくなるような何かがあった」という現実だけで、自分のせいにして改善していけば良いだけです。

また、もちろん購入する人にも責任はありますので、実践することを前提に販売サイトをつくり上げれば、返金依頼や文句を言われたときに、そのお客様に対してしっかりと実践するようにお伝えすれば良いだけです。

実践すれば成果があがるように、あなたがつくり上げる必要はありますが、中にはちゃんとやっても本当にできない人もいます。

そういう人には、アドバイスをするなり返金するなりして、自分がされたら嫌なことをしないようにしましょう。

当たり前のことを当たり前にやることが大事なのです。
販売サイトにしっかりと、「購入してほしい人」「購入してほしくない人」を分かりやすく書いておけば、あまりこういった心配は必要ないように思います。

こういう心配をする人は、嘘ばかりの販売サイトをつくって、自分のことだけを考えている傾向にあるので、そのうち売れなくなって、自然と消えていきます。

あなたもそうならないように、自分のせいだと受け入れてやっていくしかないのです。

ですから、あなたに責任はあるのだけど、責任はありません。
矛盾しているようですが、これが正解のような気がしてなりません。

「全ては自己責任」です。

 

 - マインドセット