コンテンツビジネスで見込み客を集めるためにオプトインページをつくろう!

      2017/10/04

見込み客を集める

リストとは

コンテンツとセールスレターが完成したら、
次は、ターゲットである見込み客を集めなければいけません。

そのために、できあがった有料級のコンテンツを
無料で配布するための場所をWEB上につくります。

なぜ、こんなことをするのかというと、
無料コンテンツと引き換えに、
見込み客のメールアドレスを集めるためです。

このメールアドレスのことを、「リスト」といいます。

コンテンツビジネスでは、
この「リスト」の存在がとても重要になってきます。

なぜリストが重要なのか?

それは、リストさえあれば、
後々にいくらでも自分の商品やサービスを売り込むことができるし、
他人の商品を紹介してアフィリエイトで稼ぐこともできるからです。

無料コンテンツと引き換えに、見込み客を集めてリストを取得し、
そこにアプローチをかけ、商品を購入してもらう。

これが、コンテンツビジネスの王道です。

オプトインページとは

この時に、メールアドレスに対しての
アプローチを承諾することを、「オプトイン」といいます。

そして、メールアドレスを登録して
オプトインしてもらう場所を、「オプトインページ」といいます。

要するに、興味のある人を集める場所なのです。

ダイエットで痩せたい人であれば、
「ダイエットで痩せる方法」というコンテンツをつくり、

それを、オプトインページで、
メールアドレスと引き換えに配布すれば、
ダイエットに興味のある人のリストを手に入れることができます。

今回は、ダイエットで例を出しましたが、どんな分野でも基本は、

・無料コンテンツ
・オプトインページ

これは、セットで考えてもらえばOKです。
オプトインページをつくる際に必要になってくるのは、

・コピーライティング
・簡単なHP(ホームページ)を作成するソフト
・ちょっとしたHTMLの知識

です。

難しそうに感じるかもしれませんが、
まずはやってみて、形をつくっていくことをおすすめします。

自分でつくるか外注するか

また、どうしてもできない時は、
それができるプロを雇ってやってもらうのもありです。

ただ、人に任せるとコピーやHPの微調整ができないので、
ここは歯を食いしばって習得してもらいたいところです。

HPのつくり方や、ちょっとしたコピーであれば、
少し勉強すればできることなので、
あまり難しく考え過ぎないようにしてください。

あなたのことを必要としている将来のお客様のためにも、
ぜひ頑張ってほしいと思います。

ここまでの復習

  • 無料コンテンツと引き換えに、見込み客のメールアドレスを集める
  • リストさえあれば、後々にいくらでも稼ぐことができる
  • メールアドレスを登録してオプトインしてもらう場所をつくる

オプトインページをつくるために必要になる工程ですが、

1.セールスレターの原稿を作成し
2.HP編集ソフトを使用し
3.メール配信システムと契約し
4.ネット上に公開する

この4つの工程で、オプトインページが完成します。

次回から、1つずつ解説していきます。

 

 - 集客 ,